パナソニックのドアベリティス*ウォールナットとホワイトオークで抗争勃発w

パナソニックの床は、夫婦の意見一致で、何の問題もなく選ぶことができたのですが…室内ドア選びで、夫婦の抗争が勃発!

旦那さんは、ウォールナット押し。

私は、ホワイトオーク(もしくは、しっくいホワイト)押し。

サンプルのドアを何度も出して…直して…をしながら、とりあえずの候補を決めてきましたが、とにかく揉めに揉めました!

これが先に出てたら、揉めなくて済んだのにね(笑)

ショック!パナソニックの建具ベリティスからクラフトレーベル登場!もう少し早く出会いたかった…

というわけで、今回は内装ドア選びの話です。

パナソニックのドア・ベリティス

パナソニックのドアには、色々種類があるのですが、工務店の標準で選べるのは、「ベリティス」というシリーズです。

色展開は、全部で10色


出典:http://sumai.panasonic.jp/interior/door/

原木から削り出したような、無垢調のデザインが特徴で、木目がキレイで高見えするドアです。

我が家は、ほとんどのドアが引き戸になるのですが、引き戸でも色んなバリエーションがあって、オプションでは、こんなドアも選べます。


出典:http://sumai.panasonic.jp/interior/door/

大採光デザインとか、部屋が明るくなっていいだろうな~と思いますが、とりあえずは普通のドアから選択w

スポンサードリンク

ドアはウォールナットvsホワイトオーク

我が家は、ホワイトオークの床を選んだので…

パナソニックのフローリング*白くても汚れが目立たないホワイトオークなら後悔なし! ?

 

私は「ドア系統も明るめでいきたい!」と思っていたのですが、旦那さんはずーっとウォールナットの一点張り!

[chat face=”papa.jpg” name=”パパ” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=”maru”]木の温かみが欲しいんや…[/chat]

と謎の発言をしていましたが、ショールームの担当さんも「ホワイトオークとウォールナットの組み合わせは非常に多く、とても合いますよ」と。

床のサンプルを地面に置いて、ドアのサンプルを出してチェック。

 

確かに、ウォールナットのドアだと、メリハリが出てどちらの色味もキレイ。

ホワイトオーク×ホワイトオークだと、スッキリ見えてキレイ。

なら、もっとホワイトを際立たせて『しっくいホワイト』もいいかな~と。

※ちなみに、このカラーシュミレーションは、パナソニックさんのHPで簡単にできますよ♪

周りの壁紙のカラーが変われば、また感じも違ってくるとは思うのですが、基本は白の壁紙を選ぶつもりですし…。

ずーっと、このチェックの繰り返しが続きました。

スポンサードリンク

内装ドア選びの最終結果は…

結局、コーディネーターさんたちにも相談し、明るい床の中に温かみが出るウォールナットを組み合わせる形で、提案してもらうことにしました。

ま、色々とシュミレーションしていく中で、私もこのメリハリカラーが気にいったので、良かったと思います。

そして、譲る条件の一つとして、ドアノブ(取っ手)は、絶対にブラックを採用してもらうことを条件にしました。

これには、旦那さんもあっさりOK。

自分の意見が、はじめて通って大満足だったようですw

 

【その他の内装ドア選びの記事はこちらです♪】

https://cocoroodoru.jp/hinged-door-or-sliding-door/

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。
お帰りの前に、下のボタンを応援クリックしていただけると、更新の励みになります!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へにほんブログ村 インテリアブログ 子供あり家庭インテリアへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です