マイホーム計画

細長い家の間取り図*配置を変えた案で見えたメリット・デメリット

細長い土地を購入した我が家の、間取り図第2弾!

最初の間取りはこんな感じでした。

あわせて読みたい
間取り公開*細長い土地の間取りってこんなに自由が利かないもの!?今回は、工務店さんから一番最初にいただいた間取り図をご紹介したいと思います! 我が家の土地は、縦長で間口が狭いのがちょっと難点。 ...

リビング階段にしようか…

洗面脱衣室をもっと広くしたい…

色々と悩んでいることを建築士さんにお伝えしたところ、私たちの要望をとりいれつつ、新たに1階部分を2案いただいたので、そちらをご紹介していきます!

細長い家の間取り*外階段バージョン

まずは、階段をリビング外にしたバージョンです。

元々間口が狭いので、階段を外に持ってくるとなると、玄関ホールが、かなり狭くなってしまうんですよね…。

マンション住まいの時、玄関がとても狭くて、いつも出勤する時に子供たちともみくちゃになっていたので、やっぱり玄関は適度なスペースが欲しいんです。

かと言って、玄関を広く取って、リビングスペースが狭くなるのも嫌だし…。

なかなか、難しいです(´Д`;)

 

トイレが、キッチン横に来るのも、私は嫌だったんですよね~。

お客様が来られた時に、お客さんの方が気を使うんじゃないかなーと思って。

あとは、においとか衛生面の問題とか。

 

でも!

洗面脱衣室が広くなったのは、うれしい♪

 

そして、私が希望していた勝手口がついて、裏側の小スペースをサービスヤードとして使えるようになっているのは、かなりポイント高いです!

なんとか、このサービスヤードは、他の間取りでも採用したいと伝えました。

細長い家の間取り*リビング階段バージョン

つづいて、リビング階段バージョンをご紹介します。

※なんか、ちょっとななめになってますね…すいません。

1回目の間取りでも、リビング階段をご提案いただいたのですが、今回は階段を少し手前に持ってきた形です。

トイレが玄関側にあるので、子供の友達やお客さんが「トイレ貸して~」と来ても、すぐどうぞ~と言える場所にあるのはメリット。

ただ…

うちの娘が極度の怖がりで、1人でトイレに行くのを嫌がるんですよ…。

この配置だと、あきらかに「ついてきて!」って言われるのが目に見えてる。

まぁ、小さい頃だけだよなーって思いつつも、洗面脱衣所やお風呂などの水廻り関係がまとまっていないところが、ちょっと気になります。

 

あと、キッチンの配置は、好みが分かれるところだよなーって思います。

私は、できたらキッチンを見せたくない派。

朝は出勤準備とかでバタバタしているので、朝食の後片付けは後回しだし…w

「この配置だと、人目に付きやすいから、逆にちゃんと片づけするんじゃない?」って旦那に嫌味を言われましたが、ズボラな私のことだから、きっとえらいことになると思います。

あと、横幅が狭いので、ダイニングテーブルを小さ目にしないと、洗面脱衣室やお風呂に行く時に支障が出てきてしまいますね…。

リビングとダイニングを切り分けできるところは、すごくいい間取りなんですが!

もっと、間口の広い土地だったら、この配置を採用していたかもしれません。

間取り2案をどうするか…

どちらのパターンも、土地裏側のサービスヤードを採用してくださっていて、これは絶対取り入れたいポイントだな~と改めて思いました。

営業さんからも、「子供さんたちが、どろんこになって帰ってきたら、横の通路から裏側に回ってもらって、洗面脱衣室に入ることも可能になりますね」って言われて、ほんまやなーって新たな気づきもありました。

リビング階段にするか、外階段にするかは、やはり悩みます。

どちらにもメリット・デメリットがあると思うので、色んな方の意見も参考にさせていただきました。

この後、家に帰って、何度も何度も間取りを書いてみて、設計士さんに見てもらうという作業をひたすらしました。

次回は、我が家の決定した間取りをご紹介したいと思います♪

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。
お帰りの前に、下のボタンを応援クリックしていただけると、更新の励みになります!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へにほんブログ村 インテリアブログ 子供あり家庭インテリアへ