マイホーム計画

ローコスト住宅にも違いがある!パワービルダー以外の選択肢

ローコスト住宅と言えば、チラシやCMでもよく見かける「パワービルダー」と言われる会社を思いうかべる人が多いと思います。

でも実際、それ以外でもローコストで注文住宅を建てる方法があります。

我が家も、パワービルダーではなく、別の方法でローコスト住宅を建てました。

今回は、パワービルダーとそれ以外のローコスト住宅の違いについてご紹介します。

ローコスト住宅の選択肢

ローコスト住宅を建てる方法として、次のような方法があります。

・パワービルダー
・工務店
・建築家

では、それぞれの特徴をご紹介します。

パワービルダーに依頼する

いくつかのあらかじめ決められたプランがあり、それを組み合わせることにより、共通部材を大量発注することで、コストの削減を行っている。

実際に、何社か訪問し、間取りのプランを見せてもらったが、よく見かけるありきたりな間取りが多く、オリジナリティが感じられない。

工務店に依頼する

地域密着や少数精鋭の運営をしており、広告費や人件費をカットすることで、「家を建てる」というところに注力している。
そのため、割安だがクオリティの高い家を建てることが可能。

しかし、工務店には、それぞれの特色が出るため、自分の建てたい家と相違する可能性がある。

建築家に依頼する

間取りや構造部材を転用したりするなど、建築家のアイデアでコストを削減することができる。

しかし、建築家の『設計費』の部分が他に比べてかかることがあるため、事前に費用を把握しておかないと痛い出費となる可能性がある。

メリット・デメリットを見極めて!

それぞれの形に、メリット・デメリットがあるかと思います。

以前、このような記事をご紹介しました。

あわせて読みたい
ローコスト住宅って実際いくら?コミコミ価格の裏側を知って驚愕!土地を探していた時のこと。 私たちが希望していた地域は土地が高いため、予算内で家を建てるには、「1000万以内で建てられる!」とか...

このように、ローコストをうたっていても、実際には全然ローコストじゃなかった…ということもあります。

それを見極めるためには、色んなところに見学に行って、見積もりを出してもらったり、モデルハウスを見学することが大切です。

我が家は、最終的に建築条件付きの土地を購入したので、そこを販売していた工務店で家を建てましたが、もちろんその工務店さんが建てる家を気に入っていたから購入に至ったわけです。

工務店も、様々なところを見にいきましたが、それぞれのカラーが色濃く出るのが、工務店だと思います。

無添加住宅、エコ住宅、健康住宅、高気密・高断熱住宅…などなど、それぞれにウリがあります。

時間はかかりますが、1件づつじっくり話を聞いたり、実際に建ててきた家を見ることで、イメージが湧き、決め手が見つかるはずです。

 

また、建築家に依頼する方も増えてきました。

私は、人気テレビ番組「劇的ビフォー・アフター」が大好きだったんですが、あの番組に出てくる建築家の方たちのアイデアを見ていると、施主さんの気持ちや意図を組んで提案する力が非常に優れていると感じました。

子供たちが通う幼稚園の園舎を、その番組に出ていた建築家さんにお願いしたそうなんですが、出来上がった時に、まず外観だけでも「すっごいオシャレ!」ってビックリしました。

また、中に入ってみたら、子供たちの遊び心をくすぐる仕掛けがあったり、回遊しやすいように工夫されていたり、以前に建っていた園舎との違いを、まじまじと感じました。

有名な方ほど、建築費用もかかりますが、おうちに対するこだわりが強いのでしたら、建築家さんとタッグを組むのが一番良い方法かもしれません。

まとめ

どこで建てるにしても、見積もりを取ることは大切です。

中には、他では標準設備となっているものでも、オプションとして料金を取るような会社もあるそうです。

逆に、他ではオプションとなる設備を、標準にしている会社もあります。

そのお金の差って、すごく大事!

大切なマイホームですから、うまいトークに惑わされず、じっくり検討なさってくださいね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。
お帰りの前に、下のボタンを応援クリックしていただけると、更新の励みになります!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へにほんブログ村 インテリアブログ 子供あり家庭インテリアへ