マイホーム計画

住宅展示場へふらっと行ってみたら撃沈!初めて行く時の注意点

近所の大規模建売住宅を見学に行って、マイホーム欲しい熱が高まった我が家。

あわせて読みたい
家を建てようと思ったきっかけ*私の理由ってどケチ?「いつかはマイホームを持ちたい」 そんな風に思っている人は多いと思います。 うちもよく口ぐせのように ...

ほんと無知だったので、そのままのノリで「住宅展示場へいこー!」って、近くにあるABCハウジングへ行きました。

 

車を停めて中に入ると、なんやら子供たちのにぎやかな声が聞こえてくるではないですか。

見てみると、その日は『移動動物園』と題して、犬やウサギたちとふれあえるイベントをやっていました。

 

わたし
わたし
ほほー。
こうやって家族連れに訪問してもらう作戦なんやな~

なんて感心しつつ…

 

総合案内所で説明を受けて、いざ出陣っ!

たくさんの立派な家を目の前に、どこから見ようかな~なんてワクワク!

 

この後、あまりの自分たちの不甲斐なさに撃沈して帰ることになるとは、思いもせずに…。

それでは、我が家の失敗談、聞いてください…。

あなたが無駄な時間を過ごさないために!

住宅展示場失敗談① 計画性のなさ

住宅展示場には、たくさんのハウスメーカーが存在します。

テレビCMなどでも見かける有名なところから、私は初めて知るメーカーまで。恐らく20社はあったかと。

で、何の考えもなしに、とりあえず端っこから見ていくか~なんて入ってしまったらおしまいです。

 

中には、獲物を狙うハイエナかのような営業マン。

ものすごい笑顔で近づいてきて、アンケートの記入を促されます。

 

見にきただけなので…と断ると、「こちら、お子様にプレゼントさせて頂いているんですよ~」と、子供を釣る作戦で来たっ!

もちろん、子供は欲しい!欲しい!ってなりますよね…。

そこで、しぶしぶ主人がアンケートを記入。

 

記入している時から、ハイエナ営業マンの視線は鋭いです。

そして、ここから怒涛の質問攻めが始まります。

・なんで、住宅を購入されようと思ったんですか?
・年収はどれほどですか?
・勤続年数は?
・いつ頃までに、おうちを建てたいとお考えですか?
・ご家族構成は?
・土地はお探しですか?
・ご予算は?
・自己資金はどれくらいで?

正直、何も考えずにふら~っと立ち寄ったので、土地のことや予算のこと、自己資金でどれほど出せるのかなんて、答えることができませんでした。

 

それで、「こいつら買う気ないな~」って思われたんだと思います。

 

最初の1件目の営業マンさんは、「どうぞごゆっくりご覧ください」とカタログを渡して、そそくさと他のお客さんのところへ行ってしまいました。

 

家を買う気はあるのに、明確なビジョンを持って行かなかった私達が悪いのかな…と、ちょっと気落ち。

 

もちろん、こんな無知な私たちに、色々と時間をかけて教えてくださったハウスメーカーさんもありました。

我が家の年収で買える価格帯を教えて下さったり、一度ローン審査をしてみませんか?と提案して下さったり。

だから、住宅展示場の営業マンさんが、全員そういう対応をされるわけではありません。

1件目の営業マンのような人の方が少ないと思います。

 

でも、やっぱり予算であったり、自己資金はどれくらいまで出せるのか、どのような家を求めているのか、というような点は、事前に家族で話し合うべきだったと思いました。

住宅展示場失敗談② 時間がない!

先ほどの話でもわかると思うのですが、モデルハウスの見学、営業マンの質問攻め、ハウスメーカーの特徴の説明…などを聞いていると、それだけで1時間は時間が取られます。

そのうち、子供たちも飽きてきて騒ぎだします。

そう。

たくさんある展示場全部を見て回るというのは、どう考えても無謀なんです。

つまり、失敗談①でもお伝えしたように、自分たちの建てたい家のビジョンが明確になっていれば、ハウスメーカーを絞って見学ができます。

そうすることで、いらぬ時間を使うこともなく効率良く回ることができます。

住宅展示場失敗談③ 怒涛の営業攻撃

アンケートに答えると、もちろんこちらの住所や電話番号が情報として登録されます。

すると、営業の電話がかかってくるわけです。

 

次回ご来店される時には、年収がわかるものを~

一度、ローンの審査を通してみてはいかがでしょうか~

今度一緒に、当社で建てられた方のおうちを見にいきませんか~

 

まだ、そちらで決めるとも言ってないし、土地も決まってないのに、どんどん営業さんは先へ先へと進みたがりますw

 

そして、うちの希望の地域は○○がいいな~と話していたのに、

『○○は土地のお値段も高く…××なら土地も広いですし、これくらいの金額で建てていただくことが可能です』

と、他のエリアを進めてきたり…

 

こういうことが続くと、そのうち電話にも出たくなくなりますよね…。

すると、次は家に来たりもします。

 

ご丁寧なお手紙を入れてくださったり、資料を入れてくださったりすると、こちらも対応しなきゃいけないな…って思うじゃないですか。

それも、向こうの思うツボなんでしょうね。

 

話を聞いてみたいと思えるところを絞って、他のところはすっぱりと断る!

じゃないと、いつまでも営業話は続いていきます。

無駄な時間を過ごさないために

無計画なままで、住宅展示場に行った我が家は、本当に無駄な時間を使ってしまいました。

逆に、営業さんにも申し訳なかったと思います。

 

ですので、これから住宅展示場に行かれるなら

自分たちがどのような家を作りたいのか家族会議をする
ハウスメーカーを絞って見学に行く

ということを、事前に考えておくことをおススメします。

 

先に、ハウスメーカーの資料請求をするのも1つの手です。

でも、ハウスメーカーのHPを見ても、いまいち自分の考える家と合うのかどうかわからないことって多いですよね。

だったら、気になるカタログはとりあえず取り寄せてみましょう。

 

最近では、このように一括請求サービスもあります。

 

資料をじっくり見て、気になることをメモ。

そして展示場に行けば、営業マンさんからすぐに説明を聞くことができるのでとっても効率よく話を進められますよ♪

 

以上、我が家の失敗談でした(´;ω;`)

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。
お帰りの前に、下のボタンを応援クリックしていただけると、更新の励みになります!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へにほんブログ村 インテリアブログ 子供あり家庭インテリアへにほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ