内装

ドアと引き戸どっちがいい?開き戸と引き戸のメリット・デメリット

間取りを決める際、ドアを開き戸にするのか、引き戸にするのかという点で悩むことも多いと思います。

家を建てた後の後悔として、「ドアが別の場所と干渉するので引き戸にしたらよかった…」というお話を伺うこともあります。

やはり、それぞれのドアによってメリット・デメリットというものがあります。

今回は、そんなドアのお話です♪

ドア(開き戸)と引き戸どっちにする?

ドアというと

  • 開き戸
  • 引き戸

の2種類をよく見かけると思います。

また、「引き戸」には色んな種類があります。(後ほどご紹介しますね)

では、それぞれのドアのタイプと、メリット・デメリットをご紹介していきます!

開き戸

開き戸とは、こんなドア。


出典:パナソニックードアの種類を知るー

前後に開閉する、一般的によく使われているドアです。

建築業界では、このドアを「開き戸」と言うそうです。

開き戸のメリット

開き戸はの一番のメリットは、気密性が高いというところ!

例えば、リビング近くにトイレがある場合、音やニオイが気になるじゃないですか。

そんな時は、そのドアを開き戸にするのが一番良いんですね。

実は、我が家もキッチンのすぐそばにトイレがあるんですが、設計士さんがそのお話をしてくださって、トイレは開き戸を採用し、その手前に引き戸も組み合わせています。

 

また、お掃除の面ではとっても楽ですね。

ほこりなどがたまる部分が少ないですから、さっとお掃除完了です。

 

次に、電気スイッチやコンセントを付ける場所ですが、開き戸の場合、ドアを前後に開閉しますから、その左右どちらに付けても良いので、自由度は高いです。

 

そして、一番気になる開き戸の価格ですが、これは引き戸と比較すると、断然「開き戸」のほうがお値段は安くなります。

開き戸の周りを見るとわかりますが、ドアを囲む扉枠が1枚分だけでいいんですね。

だから安く済むわけです。

開き戸のデメリット

開き戸のデメリットは、前後に開け閉めをするので、その分のスペースが必要なところです。

なので、開き戸同士が干渉してしまって、通りづらいなどの後悔が出てくることがあるんですね~。

住んでから後悔…にならないように、開き戸の周りはよくチェックしましょう!

 

また、荷物を持っていて両手がふさがっている場合、押して入る開き戸はまだ良いですが、手前に引くタイプのドアだと、ドアを開けづらくなってしまいます。

よく出入りするドアは、そのような支障がないかも注意が必要です。

引き戸

「引き戸」もよく使われることの多いドアですね。

先ほども少しふれましたが、引き戸には、こんなタイプもあります。


出典:パナソニックードアの種類を知るー

前のマンションでは、リビングと寝室の間に3枚連動引違いドアが使われていたんですが、これがすごく便利だったんですよね~。

今のおうちも、横に広い部屋があったら使いたかった引き戸です。

引き戸のメリット

引き戸の一番のメリットは、やはり場所を取らないところ!

横に開くための可動域は必要ですが、前後にドアを開く部分がないので、廊下などが狭い間取りなどにはベストなドアだと思います。

 

また、空気の入れ替えをしたい時に、少しだけ開けておくということもできますし、全開にしていても邪魔ではありません。

 

そして、ドアを開ける動作も横に開くだけなので、余計な動作がいりません。
物を持っていても、足でさっと開けます(え?w)

引き戸のデメリット

引き戸のデメリットは、開き戸の逆に気密性が低くなる点です。

どうしても隙間ができるので、音がもれやすかったり、隙間風も入ってきやすくなります。

 

また、引き戸の場合は、横にドアが入るスペースが必要なので、その部分にスイッチやコンセントを取り付けたりすることができません。

同じく、何かを飾ったりすることもできないので、ちょっとスペースを持て余してしまいますね。

 

あと、住んでみてわかるのが、やはりドアのレールの部分に、ゴミが入りやすいところですね。

上吊り式の引き戸を選ぶと、下にレールがなくなるので、気になる方は、そちらにする方が良いと思います。

ただ、値段は上がるので、我が家は断念しました…( ;∀;)

さいごに…

このように、開き戸・引き戸ともに、メリット・デメリットがあります。

実際に、家を建てるまでは、ドアのことをじっくり考えたことがありませんでした。

今は、色んな建具が出ていますので、色々比較検討してみるのもいいですね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。
お帰りの前に、下のボタンを応援クリックしていただけると、更新の励みになります!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へにほんブログ村 インテリアブログ 子供あり家庭インテリアへ