土地探し

安全な土地探し*防災面を考えてハザードマップなどのサイトまとめ

近い将来、南海トラフ巨大地震や首都直下型地震といった大地震が起こると言われています。

大地震だけではなく、火山が近くにある地域や、津波や川の氾濫などの自然災害が起こった時に、自分が住む場所は大丈夫なんだろうか?と気になりますよね。

我が家は、南海トラフ巨大地震が起こった時に、何らかの被害を受けるであろう地域に住んでいます。

でも、できるだけ被害を最小限に食い止めたい…と思い、ハザードマップなどを活用して、土地探しの参考にしました。

ハザードマップの存在を知らない方もいらっしゃるようなので、今回は防災についての情報をまとめてました。

ハザードマップポータルサイト

ハザードマップというのは、自然災害について危険な場所や地域を地図上に示したもので、これから購入を考えている土地がどのような被害を受ける可能性があるか…ということをチェックできます。

住みたい土地の災害や防災の情報をまとめているサイトが、『国土交通省ハザードマップポータルサイト』です。

それぞれお住まいの地域の自治体から、地域のハザードマップが配られたり、市のホームページなどにも掲載されているかと思いますが、上記のサイトでは、ハザードマップを公開している全国の自治体情報が集約されているので、遠方へ転居される予定のある方も、確認することができます。

防災のどんなことを見れるの?

このサイトでは

・地震発生時の危険度
・津波
・液状化
・土砂災害

などの情報が、まとめられています。

また、防災に関して役立つ情報もまとめられているので、もし何かあった時のためにチェックしておくと安心です。

軟弱地盤かどうかチェックできるサイト

土地の地盤調査はもちろん入りますが、周辺の土地の地盤は強ければ強いだけ安心です。

その地盤を確認するのに便利なのが、『GEODAS(ジオダス)』です。

こちらは、民間企業が行った地盤調査の結果がまとめられたサイトです。

フリーサービスと会員専用サービスの2種類があるのですが、フリーサービスでも軟弱地盤かどうかの確認はできます。

地図上に、地盤の強さによって色分けされているので、わかりやすいと思います。

阪神大震災を経験して感じる不安

私は、阪神大震災を経験しています。

震源地から少し離れてはいましたが、家の中の家具は倒れ、お皿がバリバリ割れていく音や、近所の人の悲鳴が聞こえるなど、今でもあの時のことを鮮明に覚えています。

ですが、普段生活をしていると、そういう防災意識というのは薄れていきます。

 

そんな中で、先日大阪で震度5を超える地震が起こりました。

『忘れた頃に災害はやってくる』とは、よく言ったものです。

我が家も震度5の揺れがありましたが、テレビが倒れないように保護シートをつけていたり、食器棚も、地震が来た時にストッパーがかかるものを選んでいたので、幸い被害はありませんでした。

でも、常備食などの蓄えがしっかりできていなかったことを再確認したので、またきちんと揃えておかないといけないな…と思いました。

 

ここ30年以内に、南海トラフ巨大地震が来ると言われています。

私が生きているかどうかはわかりませんが、子供たち世代が、引き続きこの土地に住みたいと思った時に安心できるような土地を選びたいと思って、色んなサイトを参考にしました。

あなたの土地選びの参考になると幸いです。

今後、災害に関する便利なサイトを見つけたら、ここに追記していきますね。